ヤモリとイモリの違いは?細かい違いも含めて解説


今回はよく話題に上がるけど実際にどっちがどっちかわからなくなるヤモリとイモリの違いについて説明したいと思います。

実はこのヤモリとイモリですが、一文字違うだけなのに全く違う生き物なのです。

細かい違いもたくさんあるのでそれを解説していきます。

Sponsored Link


ヤモリとイモリの分類上の違い


ヤモリは、分類上、爬虫類の方に属しておりトカゲやヘビなどの仲間です。

イモリは両生類であり、カエルやサンショウウオなどの仲間です。

爬虫類は肺呼吸をしていますが、両生類は肺と皮膚での呼吸を行なっているため身体が常に湿っています。


目で見てわかるヤモリとイモリの見た目

お腹

日本で見かけることができるイモリの大半はお腹が赤いです。一方ヤモリは鱗に覆われており白っぽいお腹をしています。

またイモリのお腹が赤いのはテトロドトキシン(フグ毒と同じ成分)を持っていることを他の生物に知らせるために役に立っています。

ヤモリとイモリの足の特徴

ヤモリの足

ヤモリは、木に登ったり壁に張り付いたりするために爪があります。

指先には1μm以下の細かい毛がたくさん生えていてこれによって窓やプラスチックなどツルツルした面にもくっつくことができます。

イモリの足

イモリは爪も細かい毛も生えていません。

これは水の中で生息しているため、毛や爪が不必要だからです。

指の数について

指の数に関してはヤモリが前後ともに五本ずつ、イモリは前が四本、後ろが五本となっています。

ヤモリとイモリの尻尾の特徴の違い

イモリの尻尾は側扁しています。要はペラペラでオタマジャクシの尻尾のように厚みがほとんどありません。

ヤモリの尻尾は側扁しておらず、また自切といって、危なくなった際に自分の尻尾を切って逃げることができます。

イモリは自切能力は持ちませんが体の足や尻尾が少し欠損した場合、直す強い再生能力を持っています。

ヤモリは自切した際に尻尾を新たに作ることはできますが、足や他の部位が欠損した際は再生することができません。

また、元あった尻尾には骨が通っていますが、再生した尻尾には軟骨しかないなど完全には再生することができません。

Sponsored Link


漢字上での違い

ヤモリは「家守」と書きます。

これは、害虫となる虫を食べてくれることから家を守ってくれる縁起の良いものとしてこの字が当てられたそうです。

イモリは「井守」と書きます。

井戸や水のあるところを守っているように住んでいることからこの名がつけられたそうです。

このようにヤモリは基本陸上で、イモリは基本的には水辺に稀に陸上で見ることができます。


まとめ

今回はヤモリとイモリの違いについてお話ししましたが、一番わかりやすいのはイモリのお腹が赤いという特徴です。

前述したようにヤモリは毒があるので、くれぐれも目や口を触らないように気をつけてください。

ヤモリもイモリもどちらも可愛いのでぜひ野生やペットショップで見かけた際にはじっくり観察して見てください

Sponsored Link