ヤモリの餌は?生き餌以外は食べるの?飼い方について簡単に解説


ヤモリが、家の壁や窓に張り付いているのを見かけるという方は多いと思います。

ヤモリを飼ってみたい!でも、どんな餌をあげれば良いのか分からない…

虫が怖いけど、生き餌以外でも飼えるの?

今回は、そんなギモンを解決するためにヤモリの餌について簡単にまとめてみました!




Sponsored Link


ヤモリの餌は何が良いの?

やもり 生き餌
ヤモリは基本的には生きた昆虫を食べます。

主に、クモやコオロギなどのバッタ、蛾などを好んで食べます。

しかし、生きた昆虫を外で毎日捕獲してきてヤモリにあげるのはかなりしんどいと思います。

そこでお勧めしたいのがペットショップなどで購入できるヨーロッパイエコオロギ(通称イエコ)、フタホシコオロギ(通称フタホシ)です。

このイエコとフタホシについて少し説明したいと思います。


ヨーロッパイエコオロギの特徴

    • 体色が白く、普通のコオロギに比べると少し小振り
    • こそこそすばしっこく、ジャンプ力が高い。脱走することも
    • 繁殖力が高く、年中の繁殖が期待できる
    • 他のコオロギに比べると水分が少なめでも生きている

フタホシコオロギの特徴

    • 体色が黒く、少し丸っこい見た目をしている
    • 動きはイエコほど速くなく、ジャンプ力もそこまで無いので捕まえやすい
    • 繁殖力はぼちぼち
    • 必要とする水分量は多め

生き餌まとめ

繁殖力や生命力の高さからイエコを選ばれる方も沢山いらっしゃいますが、イエコはすばしっこい為、虫に慣れていない人が捕まえようとすると、逃してしまう危険性があります。

虫に慣れていているのであれば管理のしやすいイエコ、捕まえるのに自信がない方などは比較的動きの遅いフタホシという感じでいいのではないでしょうか。

また、イエコは食べないが、フタホシは食べるヤモリなどもいるのでそこは一概にどちらが良いとは断言できません。

あと、これが結構重要なのですが、コオロギを与えているだけではカルシウムが不足してしまいがちになりくる病という病気にかかってしまうので、カルシウムの粉をコオロギに添加してあげないといけません。そこで便利なのが




などのカルシウム添加剤です。容器などにコオロギを入れてまぶせばカルシウム不足も防ぐことができます。

どうしても生き餌が苦手という方には

最近流行りのレオパ(ヒョウモントカゲモドキ)用の人工飼料である

レオパゲルという物をお勧めします。

レオパゲルの特徴

    • 生き餌ではないので餌の管理が楽
    • 栄養価もかなり高い
    • フンの臭いが軽減される

他にも色々ありますが、詳しいことはこちら

ただ、これレオパ用の飼料なので全てのヤモリちゃん達が美味しく食べてくれるかは分からないです。

レオパゲルで飼える子なら問題は無いのですが、ヤモリは基本的には生き餌を好む為、飼う際には、十分注意して頂きたいと思います。

Sponsored Link


給水について

ヤモリは水飲み場から水を飲まないことがありますが、その場合は、飼育容器の壁に霧吹きで水滴をつけてあげることによって、水を飲んでくれます。

飲んでいる姿はとても可愛いので、是非見てあげて下さい


Sponsored Link