渡辺直美のロケ地、和歌山・毛皮工場での購入方法


渡辺直美さんは自身のファッションブランド『PUNYUS』のプロデューサーでもあるので、ファッションやメイクは大注目です!

そんな渡辺直美さんが、3月27日(火)番組「なんでそんなに高いのか!?」で訪問した毛皮工場の毛皮が上質すぎて渡辺直美さん大興奮です!

場所は和歌山の山奥…だそうで、いいモノをたくさんみている渡辺さんがおすすめしている毛皮屋さんはどこなんでしょうか!

見ていると欲しくなります!一般の人も買えるのかチェックしてみたいと思います!

Sponsored Link


 渡辺直美のロケ地、毛皮工場は和歌山のどこ?

渡辺直美 毛皮
渡辺直美さんが和歌山ロケにいった場所は、

『ヴィトン』『グッチ』…高級ブランドからオファー殺到!和歌山の山奥に潜む毛皮工場。

「和歌山の山奥で作られる高級毛皮に世界的ブランドから注文が殺到している」

渡辺直美 毛皮工場


直美さんと毛皮ってなんだかよく合ってますね。

渡辺直美さんが訪問した毛皮工場は、「岡田織物」さんです!

株式会社 岡田織物

和歌山県橋本市高野口町大野757

渡辺直美 毛皮工場
10年の歳月をかけて生み出した、針300万本のローラーにかけるとバスマットみたいな布がツヤツヤした布に変身します!

まるでリアルファーになる美しい出来栄えです♪

岡田織物さんでは、長年かけて生み出した製品方法で130cmで5000円のお値段。高いには高いわけがある製品です!

中国産は1m800円が相場で安いですが、出来上がりも毛の方向が揃っていないなど難点があります(汗)

毛皮種類のエコファーとは、フェイクファーのこと?

毛皮の種類のエコファーってファッション好きな人なら普通に知っている名前ではありますが、ふと今までも耳にしたことがあるフェイクファーってなんだろうと思いますよね。

エコファーは動物愛護の面から作られた呼び名で、動物毛皮は使っていないもの。素材は化学繊維を使った人工毛皮です。

エコファーを意識するアパレル企業やファッションブランドが増えているのでフェイクよりエコが浸透して行きそうです。

その代表的な例は、「GUCCI」が2018年からミンクなど動物の毛皮を使わない方針を発表しています。

エコファーもフェイクファーも同じなんだけど、時代に合わせてフィットするネーミングになったという感じでしょうね♪

渡辺直美も絶賛!岡田織物のエコファー購入方法は?

岡田織物のエコファーを購入欲しい!と思った人も多いハズです。

ハンドメイドが好きな人や、お洋服作りが趣味の方向けに販売しています。

OKADA TEXTILE 生地市場

Sponsored Link


渡辺直美のブランド「PUNYUS」

プニュズはサイズ展開が豊富で6Lというサイズまであります。かわいくて大きいサイズがある洋服っていいです!大きいサイズになると可愛い洋服がかなり少ないから。

バッグや靴などの小物類もあるし、かわいい文房具みたいなプリントのイラストもかわいいですね。

渡辺直美プロデュースブランド『PUNYUS(プニュズ)』


(プニュズ)PUNYUS フード総柄スウェットショーパン

渡辺直美のロケ地、毛皮工場は和歌山のどこ?エコファー購入方法は?

渡辺直美さんは今回のロケがきっかけで、『PUNYUS』の洋服を制作してもらうことになったりして!

渡辺直美さんのセンスはおしゃれなので楽しい番組になりますね!

Sponsored Link