タラレバ娘・キーの結婚と過去の秘密、元カノ沢田曜子は?ネタバレ

ドラマ

東京タラレバ娘のKEYと倫子の恋愛はどうなっていくのか気になります。金髪モデルのキー(坂口健太郎)には秘密があって過去が二人の恋愛関係の障害になっているのですが、それがどんなものか徐々にわかってきます。

ドラマや原作で、キーが倫子にあんたとは恋愛出来ないと言ったこと、なんでそんなこと言ったのか?KEYの過去や秘密がわかります。KEYがなぜ笑顔がなく無表情なのかということもわかってきます。

原作によると、ちなみにキーという名前はモデル名で本名は鍵谷春樹ですね。

スポンサーリンク

タラレバ娘・キーの結婚と過去の秘密や元カノの沢田曜子とは?

ドラマでは、倫子が酔っ払った勢いでKEYと寝てしまうってとんでもない展開ですが、その後KEYと会ってもあの夜のことが聞けない。

倫子は真剣に恋愛していきたい気持ちがあります。

でもKEYの気持ちを聞けないし遊びで寝たなんて言われたらもう立ち直れないという最悪な結果も頭をよぎります。

KEYに素直な気持ちを言い出せない。という感じになっていますがやっぱ二人はくっつかないのか..?

スポンサーリンク

原作ネタバレ、感想

ある日、キーがお花屋さんで花を買って、お墓参りに行きます。

花を供えたお墓には「さわだようこ」と書かれています。

キーとの関係は..過去に結婚していた人、お嫁さん。新人担当医だった女性、享年33歳でした。

スポンサーリンク

キーと元嫁、沢田曜子との結婚年齢と出会いは?

原作では、講談社コミックKissの2016年11月号24話になります。「さわだ ようこ」という女性が誰なのかわかります。

 

お嫁さんの沢田曜子さんの姉が、鍵谷春樹が抜け殻のようになってしまっている姿をみて、モデルをすることを勧められて、人気モデルとして活躍していくことになります。
モデルの仕事で、キーがドキュメンタリーに出演します。お嫁さんの命日に秘密を語ります。

沢田曜子との出会いについて話始めて、24歳の新米医師、沢田曜子先生は、キーが10歳で腎臓病で入院していたときの担当医だった。年の差は14歳。

先生は30歳になって進行性のガンが見つかったことをキーに告白する、先生の夢は医者になることと、お嫁さんになりたい夢があったけど、その夢は叶わなかった..でも春樹が元気になったから良かった、という話をします。

キーは、先生に僕は先生のことが好きだから、居てもたってもいられなくなって、もう18歳になるから結婚しようとプロポーズします。

この告白をきくとキーが謎めいていた理由が少し紐解かれます。

KEYは、倫子と出会ったことで気持ちが変化していくのでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

「東京タラレバ娘」女性の細かい変化に共感できて面白い!

倫子は傷つきながらもキーのことを知りたいんですよね、だから悩むんだろうと思います。

KEYのココロを救ってくれるのは倫子になるのか、早坂さんと倫子の絡みもあるのでどうなっていくのか倫子がんばれー!

コメント