映画Fukushima50・感想・非常食の羊羹やせんべいは実在?

映画

映画「fukushima50」公開より一足早く鑑賞してきました。

2011年3月11日のこと映画を見ながらその頃何をしていたか思い出します。

福島第一原発事故の事実を描いた、ノンフィクション書籍「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を実写化した作品、映画「fukushima50」

映画キャストは佐藤浩市と渡辺謙が共演するということで、世界中に発信されている作品です。

「fukushima50」という題名の50は、事故当時に海外メディアからFukushima 50(フクシマ フィフティ)と呼ばれた約50人の作業員の方々のこと。

東日本大震災は、予想できなかった大事故災害の中、命をかけて日本を救った方々の物語です。

スポンサーリンク

映画[fukushima50]のあらすじ

世界を震え上がらせた津波、福島第一原子力発電所事故の放射能発生の緊迫した時の中で、命をかけて現場に残り続け、危機救った作業員たちの姿がリアルに描かれています。

福島第一原発の吉田所長をはじめ作業員たちがもしも現場を放棄していれば、

避難対象となる地域の半径は250km、人口は5,000万人、東日本壊滅の危機も予想されていた。
死を覚悟した作業員や技術者たちの様子が、記録を元にして大スケールで再現されている。

公開日:2020年3月6日
上映時間:122分
原作:門田隆将
監督:若松節朗 ⇒映画『沈まぬ太陽』の監督です!
脚本:前川洋一
スポンサーリンク

映画「fukushima」出演者(キャスト)と配役名

キャストは俳優メンバーが豪華すぎる!演技力が素晴らしく見応えのある作品です。

福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫役・・・佐藤浩市

福島第一原発所長・吉田昌郎役・・・渡辺謙

5・6号機当直副長、前田拓実役・・・吉岡秀隆

緊急時対策室総務班・浅野真理役・・・安田成美

緊急時対策室、発電班長、野尻庄一役・・・緒形直人

現場最年長、管理グループ当直長、大森久夫役・・・火野正平

地震発生直後にイチエフに駆けつける第2班当直長、平山茂役・・・平田満

第2班当直副長、井川和夫役・・・萩原聖人

脇役も名俳優ばかりが揃います。

☆緒形直人は緊急対策室・発電班長として、大津波で全電源が失われた、原子炉建屋の電源復旧のために力を尽くす。

☆火野正平は、現場最年長でも被爆覚悟の危険な任務に志願する。

☆萩原聖人は、目の前まで大津波がきてのまれそうになったが、生き延びた第2班当直副長。

スポンサーリンク

映画「fukushima50」感想

2011年3月に東日本大震災で10mの津波が起こりその影響で福島第一原発がメルトダウンし爆発をおこし、9年も前の過去のことではなく、今も廃炉の作業が続く福島第一原発。現在は汚染水のタンクが2022年には置き場所がなくなる問題も続いている。

映画fukushima50を鑑賞してみて、再現ドラマ仕立てでとてもわかりやすく作られていた。

実際になぜ放射能汚染を起こしたか状況を知ることができる。

現場に残って日本を救った英雄。死を覚悟した中で、喜怒哀楽の気持ちが感じられる人間ドラマだった。

官邸や本社からの横やりが現場の足手まといになっているところはイライラして、まるで日本企業の悪い典型をみせられている気がした。

震災を知らない子どもにも学校の教材として使ってほしいと思う作品だった。

劇中に出てきた羊羹、せんべいの名前

映画中、渡辺謙が緊迫した空気の中、ストレス絶頂のスタッフたちを気遣って、

「腹減ったなー」と非常食を探すシーンにようかんとせんべいが登場しています。

 福島県民のお菓子、渡辺謙が美味しそうに食べていた、玉嶋屋の玉ようかん、吉岡秀隆が配っていたのは、太陽堂のむぎせんべい。

スポンサーリンク

3.11事故から続く~2020年現在も残る問題が数十年はかかる理由

東日本大震災から9 年。事故が起こった福島第一原発の廃炉がまだ解決の方法を見つけられていないし、これから数十年はかかると言われています。

廃炉に向けて2020年していること

電源を失った原子炉の冷却ができず、冷却のため注水した水は実際には原子炉には入っていなかった。
当時1日400トン余りの注水をしていたが、配管から水が漏れていた。
水が原子炉に届いていたのは、送った水の1%程度だったと言われている。
※東京電力が1号機の原子炉に水が届いていないことがわかったのが、事故から12日間経た23日だった。
原子炉の底を溶かす⇒落ちた核燃料が格納容器の床に広がる⇒コンクリートを溶かし深く浸食している。

核燃料のデブリ(ゴミ)高放射線を帯びている。
格納容器内の以外の建材、コンクリート、鉄材、モルタルなどが混ざった燃料デブリが残っているといわれている。
廃炉作業が長引いている

出典:福島県「廃炉措置に向けたロードマップ」

いま映画・fukushima50が公開される意味

2020年現在、福島原発は廃炉決定してはいるが、具体的処理法は最適な対策が決定していないこと。世界が忘れてはならない大災害ではあるが、自国の日本国民も事故のことを忘れかけていること。

そんな中でも、東京五輪2020は行われるので、世界に向けて復興五輪として大々的に元気な日本を呼びかけていること。

原子力発電所を題材にした映画

太陽の蓋・・・福島第一原子力発電所事故(2016年7月16日公開)

▽TSUTAYA TV・まずは無料でお試し!『太陽の蓋』こちらをクリック▽

チャイナ・シンドローム・・・1979年アメリカ映画。原発事故を扱ったサスペンスで、日本で「シンドローム」言葉が広くしられるようになった。

▽映画『チャイナ・シンドローム』を視聴するU-NEXT▽

まとめ

年月が経っていますが、忘れてはいけない出来事で子どもたちにも教えていかなくてはいけない事故だと思います。

私は脱原発派ですが、この映画は原発に賛成反対かを問うものではなくて、現場の方々の物語を伝える作品です。

コメント