ペルセウス座流星群2016!関西・兵庫の方角や時間は?見るコツ!


2016年も、またペルセウス座流星群が見られる季節がやって来ました。毎年、大空に多くの流星が見られる、3つの流星群です。

「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」は、「三大流星群」です。

夏休みということもありますので、多くの人が知っている注目の流星群です。

大切な人と夏の夜空に願い事をするのもいい思い出になりそうですね。

Sponsored Link


ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群

ギリシア神話によると、ペルセウス座 は大神ゼウスと、ギリシア南部にあったアルゴス国の王女ダナエの間に生まれた男の子、ペルセウスの姿と語り継がれています。

ペルセウスが手に持っている顔は、あの恐ろしいメデューサ。髪の毛は蛇、姿を見たものは、すべて石になるといわれる怪物です。


【ペルセウス座流星群】関西・兵庫で見える時間帯や方角は?

ペルセウス座流星群

8月12日にピークを迎えるペルセウス座流星群、今年は月明かりがなく観察条件が良好ですね。

世界的に見て,流星群の活動が,日本時間の8月12日21時ごろピークを迎えます。

極大に見えるピークが21時というのは、世界の基準で言われています。

日本ではその時間は、ペルセウス座がまだ地平線近くにあり、ほとんど見ることができないので、12日深夜が日本の見頃になります。

関西・兵庫の観察のピークは12日の深夜から夜明け前です。もし、この日を逃しても前後二晩くらいでも流星を見ることができますよ。

真夜中頃から空がうっすら明るくなる頃まで見える時間帯が続きます。

ピーク時は1時間に30~50個くらい見る事ができるので、何回も願い事ができそうです。

空全体にまんべんなく星が流れるのでどの方角を見ても見つけられそうです。
見つけにくいなら、北東の空を中心に見てみてください。

関西のお勧めスポット

  • 西はりま天文台公園(兵庫県佐用郡)
  • フォレストパーク神野山(奈良県)

Sponsored Link


ペルセウス座流星群を見るコツ!

観察ポイントに暗くなってから行くと、ヘッドライトの明かりで写真撮影している人に悪影響ですので、明るい頃に現地に到着している方がいいと思います。肉眼で見えるので望遠鏡などなくても見られます。

目が暗闇になれるまで少し時間がかかるので、早めに行くのがベストですね。

懐中電灯も明るさを落として、ゆっくり寝転がってみるのがいいです。

街灯などがないところ、都市から離れた場所なら見える流星の数が多くなりますよ。
  1. 頭の真上の方向・夜空の一番高いところを見る
  2. 空に遮るものなどない開けた場所
  3. 街灯などない暗い場所
  4. 寝転がって空全体を見られる場所
  5. 長い時間見る 

ペルセウス座流星群のまとめ

今年も神秘的なペルセウス流星群がみられるので楽しみな夏になりそうです。

自宅の庭でゆっくり寝転がってみようとおもいます。今年は何個みつけられるかな?

Sponsored Link